60センチの女(5)です。

キャバレーにクラブ、ソープランドと人間探求を続ける60センチの女(ムー)のまわりでは、いつも不思議な現象が捲き起こる。
心をやわらげ、そして落ち着かせる謎の異星人パワーに人々は今日も救われる!? 彼女の正体は宇宙人なのか!地球を住む星と決め人間探求を続けるムーだが、結局人間は理解できぬ生物だと気づく。
わかったことは人間たちの所有する奇妙な感情「愛」。
しかし、もう何もかもが遅かった…。
そのことに気がついたときムーは地球を去っていくのだった。
純粋に歌うことが好きだったミズホが突然出会ったキケンな男、静…。
ミズホはその歌声を聴いたとたん、体の中心からエクスタシーを感じた。
この男は危ないってわかっているのに、胸の鼓動を止められない! 静に触れられるたび、ミズホは信じられないほど貪欲にSEXと快楽の世界に目覚めていく。
彩絵は、恋人の賢ちゃんが何を考えてるのかよくわからなくなっていた。
何を聞いても答えはいつも「彩絵ちゃんがいいなら」! 彼は本当に私のこと好きなんだろうか? それとも、断れなくてズルズル付き合ってるだけ? 賢ちゃんは優しい…でも、優しいだけじゃ不安なの!江戸時代から今日に至るまで、笑いの芸術として私たちの生活を楽しませ、庶民的共感に支えられてきた落語も、社会的生活の変化の中で歴史と伝統をいかに継承するのか、様々の試みがなされている。
本書は、落語をより親しみ深く味わうために主として古典落語の中にあらわれた江戸・明治期の諸風俗を"落語をして風俗を語らしむる"ことに重点を置いて、ほぼ1400項目に分類し、演題を添え収録した画期的事典であり、落語愛好家必読の書として編まれた。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009187