忠臣蔵(2)です。

不朽の名作を完全劇画化。
赤穂浪士の真実が描き出される!! 『忠臣蔵 赤穂事件』の第二章、「浅野内匠頭 切腹」から「赤穂城明け渡し」までを収録した衝撃の第二巻。
養護施設で育ったユキは、おてんばだけど心は優しい女の子。
ある日、養女を探しにやって来たお金持ちの岩淵家にひきとられ、ユキは東京へ行くことに。
令嬢として新しい生活を始めたユキだったが、そう簡単に大人しくなんかならない!! たまたま見た北海道の写真に心を引かれたユキはお屋敷を飛び出し、北海道行きの飛行機に飛び乗った!! 心と心のふれ合いを見事に描いた感動作!!ユキが北海道で出会ったアイヌ人のアカルパさんのこと話すと、岩淵のママはなぜか不安顔。
その理由が分からないユキは、とにかく今は早苗の病気が一日でも早くよくなるようにお願いするばかりだ。
そんな折、北海道から竜太がユキを訪ねてやって来た。
ユキの出生の秘密を知る竜太はなんとかユキを北海道に連れ戻そうとするが……。
北海道に移り住んだユキたちは、貧しいながらも充実した日々を送っていた。
しかし、ユキに自分が本当の父親だと名乗れないアカルパさんの焦りはつのるばかり……。
そんな中ユキたちの住む別荘に光の子養護施設のみんながやって来ることになった。
ユキが喜んだのもつかの間、その別荘が火事になってしまった!! アカルパさんはユキたちを助けるため、ひとり火の中に飛び込んだが――!?アカルパさんの死にショックを受けたユキは汽車にとび乗り、あてのない旅に出る。
やがて施設に戻ったユキは、早苗がある外国の富豪のもとに引き取られると知り、寂しさを隠せない。
しかし、どんな時でも元気いっぱいなユキのその行動力が思いがけない好結果を生むことに……!! 心にホットな躍動を与える珠玉作、いよいよ完結!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60014984