ファザーファッカーの解説

私は、よく娼婦の顔をしているといわれる。
さまざまな仕事を経験したが、それだけは絶対にしなかったのに。
ところが私は思い出した。
十五歳のとき、私は娼婦だったのだ。
売春宿のおかみは私の実母で、ただ一人の客は私の育ての父だった……。
水商売の母が突然連れてきた「お父様」、愛されようと必死にしがみついた「お母様」、そして守るべき「小さな妹」のあいだで多感な少女をむしばんだ一家のゆがみや中学生での妊娠、堕胎体験などを冷徹な視線で貫き、ベストセラーとなった衝撃作。
朝一番に目的地に着くのでビジネスマンに人気の大阪行き寝台急行「銀河」で、一人のOLが殺された。
容疑者は、そのOLの不倫相手。
なんと警視庁・十津川警部の同級生だ。
さらに同じA寝台に乗り合わせていた乗客が、なぜか次々に殺されてゆく。
いったい真犯人はだれなのか? そして犯行の動機は? 逮捕が迫り、追い詰められた知人の窮地を救おうと、十津川は、相棒のカメさんこと亀井刑事とともに、その銀河A寝台に試乗したのだったが──。
ご存知、十津川警部シリーズの白眉。
ようやく新人賞はもらったものの、執筆に行き詰まっている作家の孝夫は、医者である妻・美智子が心の病を得たのを機に、故郷の信州へ戻ることにした。
山里の美しい村でふたりが出会ったのは、村人の霊を祀る「阿弥陀堂」に暮らすおうめ婆さん、そして難病とたたかっている明るい娘・小百合ちゃん。
静かな時間と豊かな自然のなかで、ゆっくりと自分を回復してゆく二人が見つけたものとは……。
極上の日本語で語られる、大人のためのおとぎ話。
2002年秋、映画化原作!日本人拉致、潜水艦侵入事件、テポドン発射など、北朝鮮が企てる対日浸透・有害工作を阻止するため、日夜闘い続けている外事警察。
世間に知られることのない彼らの活動とはいかなるものか? KGBはじめ練達のスパイとわたりあい、ときに煮え湯を飲まされ、ときに人間的なおかしみを表出させるドラマの数々は興趣つきず、テロが頻発する国際社会への警鐘ともとれる。
「あさま山荘」はじめ、未曾有の事件で現場を指揮した著者が綴った緊迫のルポルタージュ。
実録危機管理。
動物たちはいったいなにを考えているのだろう──。
観察眼にかけては天下一品の群ようこが、身近な動物たちの健気でしたたかな素顔を描く。
美人妻を自慢する態度のでかいキジトラ猫、町内の噂話が大好きな婆さん猫、雑貨屋を切り盛りするマルチーズのメリーちゃんなど犬猫はもちろん、好みのエサしか食べないグルメな小鳥や痴漢とまちがえられた鹿、OLふたり大興奮のイノシシレース、はてはクーラーで涼む蜂まで登場する抱腹絶倒のエッセイ39篇。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60004928